草木染 茜の染方

茜染めは 古くは ペルシャ インド エジプトなどで
赤を染める重要な染料でした

茜は 日本茜・インド茜・西洋茜などがあります
今回は 六葉茜を染めてみます
画像


それぞれの染め方がありますが
後媒染 アルミ媒染 で染めてみます
前媒染が常識ですが 
前媒染は絹糸をいためる性格があるため
なるべく前媒染は避けて中媒染が良いと聞きました
2-3度染め重ねたほうが堅牢度が高くなります


茜3kg を一晩水に漬けて酸を入れ
3回煮だし染液をとります

最初の染液は茶味が強いので
2番液3番液で染めアルミ媒染
石灰水に浸し 染液に戻す
これを3回くり返して染め上がりました
画像

そとはには雪が積もっている
雲間に 柔らかい日差しが差し込んで
茜染めの絹糸を 暖かく包んでいて
糸の周りだけに ぬくもりを感じました
画像


草木染め 手織りに関心のある方は こちらへ どうぞ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック