バリ島ウブド セレモニー

その日は バリの最後の王様のお葬式らしい
昨日の 運転手の人が
しきりに 明日は 何年に1度のすごいセレモニーがあるから 
見るといいと 私たちは ラッキーだと
片言の日本語で話していた

朝10時から ウブドの市場に15分ほど歩いていく
狭い道路を 車がブンブン走っている
安全運転 という言葉は
この国にはないみたい

でこぼこの 沿道が 両脇に走り
沿道添いに 色々なお土産店が並んでいる
画像

バリ島の家は 1建に一つ敷地内にお墓があるのです
外から見ると 家なのか 
寺なのか区別がつかない
門の前には 可愛い小さなお供え物がおいてある
1日3-4回 お供え物をするそうだ
信仰心の厚い バリの人々
神の国 といわれる所以なのかな

バリの人々が ぞろぞろ 町の中央に歩いていく
観光客も その中に混じって
同じ方向に お土産やを素通りして
細い沿道を ひたすら 歩いていく

中央市場辺りに 人々が ぞろぞろ集まり
右往左往している
紫色した 服装をして
スカートのように 巻きつけた男性たちが
どんどん増えてくる
画像

セレモニーには この服装するんですって 
若い男性が 帽子をかぶり
この布を巻きつけている姿 結構 カッワイイー 
今か今かと待ち受けているけど
11時になっても 12時になっても
始まらないのに どんどん人が集まってきて
身動きができないくらい
こんな 雑踏は 何十年ぶり

2車線の道路の両脇には 
沢山の見物人が 歩道に座りこんで
セレモニーが始まるのを
今か今かと待っている
市場の2階まで 人が鈴なりに連なり
道路を見下ろしている
画像

最後の王様のセレモニーのわりに
まるでお祭りのように 賑やか
言葉が分からないので
いったいいつ始まるのか
どんなセレモニーなのか
さっぱり見当がつかない

娘は ひたすら 一眼レフ抱えて
バイクの上に座って
シャッターチャンスを狙っている

ランチもせずに まだかまだかと
待つこと2時間ほど
ドンドドドン ドンドドドン軽い太鼓の音がして
ようやく動き出しそうな気配
すでに2時になっていた
今晩は ここまで おやすみなさい

染織に関心のるかたは こちらへ どうぞ











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック