テーマ:旅行

山形県 米沢市 雪灯篭祭り

2月はの第二土 日曜は 毎年雪灯篭祭りがあります。 夜がメインで 昼は屋台も出て お祭りです   今年の祭りは 大雪で毎年雪を山から運んでくるのですが、 今年は溢れるばかりで十分あり 雪の壁が 迷路のよう 毎年雪灯篭は 夜が見せ場なのですが、 今年は あまりにも寒いし 雪が多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドネシアの染織 イカット バティック 

イカット とバティック は アジアンスタイルの重要な要素 イカットは 縦絣の布 経糸を 絞って柄を作り 整径 して 織り込んでいく 抑えた色使いの布 アジアンスタイルのインテリアに良くつかわれる おおらかな絣布です 絣といえば 日本では 結城絣 大島絣 久米島絣  十日町絣 塩沢絣 弓ヶ浜絣 久留米絣 長井絣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝 阿修羅展

平城遷都1300年記念 国宝 阿修羅展が 3月31日より 東京上野博物館で 今 開かれている (上の画像は 昨年東京博物館のパンフレット) 3月17日に 奈良の興福寺で 大切に 梱包された 阿修羅像は 14.58kgと軽い仏像 写真では 大きく感じられるけれど 実際どれくらいの 背の高さなのか お会いするのが 楽しみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ島 イカット バティック

バリ島観光の 楽しみの一つが インドネシアの染織  一度この目で 本場の染織を見たいと思っていた かって 古いイカットを見たとき 素朴な色と 人や動物たちの おおらかな縦がすりの布に 不思議な気持ちになったものです 渋い色の中に 赤みの帯びた茶朱や藍色が踊り 身の回りの 人や動物や花があふれている おおらかな布…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

バリ島 アタ細工 あしたば

バリ島スミニャックのアシタバ工房のショップがある バリの伝統工芸品アタ製品は ここが有名です アタ細工は 皆さん知っていることと思いますが 始めて 製作現場と製品を見た私は バリの工芸品位にしか思っていなかったけど 百聞は 一見に如かず だんだんそのよさが 分かってくる バリ島の どこでも観光地に行くと 狭い道路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米沢市 上杉神社紅葉

11月の中旬上杉神社の周辺は 紅葉であふれている 上杉博物館の広場は最高の憩いの場 お堀の周りには 桜の紅葉が見事に 水面に映し出されていて 紅葉という命の営みの美しさに 心奪われるひと時です その日は 小春日和で 博物館の広場の大きなベンチに寝転び 童心に返って空を見上げれば グレイシュブルーがどこまでも広がっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東 トゥクトゥク連合

トゥクトゥクの話は 楽しいので また 書いてしまいました 外側を 見て驚いて ひとしきり 車の回りを堪能して おもむろに中を覗くと デコレーションのオンパレード フロントには 花に混じって ガネーシャが座っているし ハンドルは 自転車の親方みたいに 可愛いサドル 乗せてもらっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

トゥクトゥク

始めて聞いた トゥクトゥク(TUKTUK)という言葉 どうも娘の話によると 面白い車らしい 見ると 皆結構興奮するらしい 昨年は 不在で見る機会を逃してしまった 15日は 用があり 帰ってきたのがPM9時30分 トゥクトゥクが来ていると 帰りの携帯で聞く 横浜の富永さんという方が トウクトウクで米沢に来たという 好奇心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ島 伝統工芸アタ製品

マレーシア バリ島の工芸品の一つ 案内人のタクシーで 大きな アタ工芸館に 広い庭園の一角に 5~6人でのんびり? アタ細工を実演している アタ細工は アタという つたのような木(写真下)が使われている 心棒になる木に アタのつたを巻きつけて 一つ一つ 手作業で 色々な巻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形県川西ダリア園

山形県川西町の川西ダリア園は 4ヘクタールの園内に 花径の大きさ別に 区分されて 1品種 1名前がついている 超巨大輪コーナー・中輪コーナー・ぽんぽん咲きコーナー に分けられている また ネーミングが面白い 誰が考えたのか なるほどと うなずいてしまうものもある グランドマザー のネーミングのイメージは おばあちゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形県 川西ダリア園

山形県最大の川西ダリア園 650種 50000万本の花が咲き誇る 日本一のダリア園が 満開 米沢から 車で20分でいける距離 チョット 買い物に行くつもりで 気軽に出かけられるのに 今まで 行ったことがない バラ園 あやめ園 チュウリップ園などは すごく華やかな感じがするのだけど ダリアは とても地味な花で  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドネシア バリ島観光

       バリ島旅行 パート3 ようやく 大きな2対の牛のみこしが 動き始めた タンタンタタ タンタンタタ リズムの中で 進み始めたと思ったら いきなり 蛇行してスピードを上げて走り出した 沿道で写真を撮っていたら 誰かが私の腕を引っ張ってくれた みこしの大きな竹が グイーンとぶつかる様にこすっていった 誰が助…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米沢市 相良人形

日本各地に 昔から作られている 素朴な 土人形がある   米沢にも 子供の玩具として 飾り物として またお雛様として 庶民に愛されてきた相良人形がある 米沢に嫁いできたとき 押入れの中から ぼろぼろの紙に包まれた 色あせた 何対かの土人形が出てきた そのときは なあにこの人形・・・・ふるそー と思って しまってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ島 ウブド

皆様お久しぶりです この夏は 人生初 娘に連れられて 二人だけの 10日間の外国旅行に行って来ました 7月の中旬の話です 14日成田からバリ島のデンパサールに9時半到着 暗いので良く分からないけど 結構都会的なたたずまい 空港には ホテルから迎えの車が来ていて 年のころ3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野県 別所温泉 常楽寺

信州の鎌倉 小鎌倉 と呼ばれている 別所温泉の北向き観音堂から  安楽寺 を経て常安寺に着く 鎌倉時代から江戸時代にかけての 国宝・重要文化財が多く残されている 歴史ある別所温泉なのです かやぶきの常楽寺は 江戸時代に 建てられた 奇棟造りの建物で 有形文化財(建築)なんです 慈覚大師により開かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上田市 別所温泉

北向観音堂を後から 5分くらいのところに 曹洞宗 慈覚大師が開いた安楽寺がある 境内には 重要文化財の  安楽寺前開山 樵谷仙和尚像 安楽寺前二世 幼牛恵和尚像 を有し 境内には 国宝八角三重塔 経蔵 輪蔵 がある 安楽寺は 天長年間823-834年に開かれ 国宝八角三重塔の建立年台は  鎌倉末期から室町時代初期といわれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上田市 別所温泉めぐり

別所温泉は 小鎌倉 といわれている 上田市から 15分くらいの 山すそに ひなびた町並みの 温泉街が 雨の中に ひっそりとした たたずまいを見せている 別所観光ホテルに宿泊する あいにくの雨台風で どこにも行かず すぐ 温泉に直行 いったいどこが小鎌倉なのか分からないまま 楽しみの食事タイムへ 湯葉を使ったヘ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南陽市赤湯温泉 いきかえりの宿瀧波 餅つき朝食

南陽市いきかえりの宿瀧波の  もち朝食は 有名 昔から 朝食は 餅 と決まっている 大部屋の真ん中で 餅つきが始まる 威勢のいい 体格の立派な はっぴを着た 男衆が 音頭を取りながら もちをつく 時々 3人で上まで持ち上げる 大きな臼は ケヤキの1本物で  20年毎日杵でつかれているんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南陽市 赤湯温泉 いきかえりの宿瀧波

たまに 息抜きも必要と 南陽市赤湯温泉 いきかえりの宿瀧波 に 友達 4人と行くことに 5時30分に 米沢を出発 30分かけて 夕方曇り空の中ひた走る 国道13号線南陽市の入り口にあり いきかえりの宿 瀧波 と書かれた 大きな看板が目に入る 若い頃 ここは 赤湯市といっていた それが 南陽市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐渡版画村美術館 朱鷺

佐渡版画村美術館を巡り歩いて 版画の世界を 堪能する 帰るときに 出入り口に 佐渡美術館グッズが売っていた それも 買ってくれても良いですよー感じで控えめに  そこここにチョコチョコとおいてある そうなると 何かお宝がないかと あちこち返して 探してしまう 高橋信一版画グッズが いろいろあって その中で き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

佐渡市 佐渡版画村美術館

佐渡版画美術館は 相川駅から徒歩15分 こじんまりとした 建物の中に あった ここは 旧相川裁判所あと 相川町文化財の建物の中にある 佐渡版画村美術館の歩みは 版画家 高橋信一が小佐渡山中の集落  静山(真野町)を出発点として 各地に作られた 版画村がまとめて 佐渡版画村美術館が開館したという{%クローバーweb…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

佐渡弥彦国定公園 尖閣湾

佐渡の思い出記 尖閣湾は佐渡の西北にある 最も美しい峡湾 8月には ひまわりロードを見ながら 尖閣湾 姫津に向かった 佐渡は 地図で見ると小さな島でも この島の中のあちこちに  美しい風景が ちるばめられている その中の一つ 尖閣湾は佐渡弥彦国定公園の中にある 揚場遊園を歩いていると 不思議な石碑が あった     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県 川俣町 シルクピア

かわまた おりもの展示館の周りに シルクピアと 物産館と 後立派なトイレがあった トイレの 先に 春の芽吹きが やわらかく山を彩っている またトイレの話でごめんなさい でもとても立派で 広々としていたんです 川俣町って 米沢と違って 裕福なんだわー とトイレで 町の財政を想像して 感心してしまう 隣には 物産館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐渡 宿根木 千石船の里

遠い思い出・佐渡アースセレブレーション旅行記 3 佐渡の 南西 小木港から更に西に行くと 宿根木海岸に着く ナンシーさんが ”面白いところがあるんですよ” の話に どんなところだろうと ワクワク 宿根木海岸は 千石船がかつて行き来していた港だったらしいのですが 1802年の地震で 1メートル海岸が隆起したため 千石船が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

佐渡 太鼓体験交流館

初雪も降り さむ~い霜月となりました だからこそ あつ~い思い出で 温まりましょう アースセレブレーション旅行記2 思い出しても 晴れ渡る青い空は 晴れ晴れする フェリーは両津港に着く 一路 小木方面に向かう 佐渡の町並みは なぜか くすんで見える 家々は 昭和の40年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新潟市 佐渡フェリー かもめ

佐渡鼓童 アースセレブレーション 思いで記 1 すっかり 寒くなってきました・・が 記憶を たどって大切な思い出を 記録しておきたいので 夏に戻って見たいと思いました おつきあいくださーい 8月の18日 まだまだ 猛暑の中 佐渡で 鼓童の アースセレブレーションがある と 埼玉の ステンドグラス ナン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いわき市 ホテルパシッフィコ 魚処寿々花

7月の思い出話です 7月の15日の夕方 台風に向かって直進する 高速は 大雨のため通行禁止をものともせず 国道に下りてひたすら いわき市に向かう 重い空の下 宵闇が迫ってくる ネット検索予約格安ホテル パシッフィコ  パシッフィクではなく フィコ という変わった名のホテル いつも つくまでどきどきする 変なとこだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわき市 アクアマリンふくしま

祭日 家族連れでにぎわっているアクアマリン福島は  台風の後で さわやかに晴れている 水族館は 何十年ぶりだろう 最近妙に 水族館や 動物園に行って見たい。 子供でもいないと・・・思っていたけど 自分が 子供になったのかしら そうそう 最近の水族館は 美しく モダン 総合レジャーランドの 要素を兼ね備えている 水…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鎌倉市 鏑木清方記念館美術館

鶴岡八幡宮を堪能して  鎌倉の裏通りの商店街を 色々な店を 覗きながら 鎌ブラと あてもなく 人の波に流されながら歩いていると 鏑木清方記念美術館 に行き着く 特別展 市井の暮らしと女性たち が開催されていた これはラッキーと思いさっそく入館する 美人で有名な 鏑木清方画伯 本では良く見るけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鎌倉市 鶴岡八幡宮

鎌倉は テレビや写真を見て 大仏様や 鎌倉夫人でなんとなく 高級感のあるところ・・・くらいの知識しかない(トホホ・・) トンネルを過ぎると 周りはなんとなく おしゃれな家々が 立ち並ぶ 目を皿のようにして見てみたい わくわく 朝10時前についたので ゆっくり 駐車場も入れて 2の鳥居から ゆっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more