染織作家助左衛門のページ

アクセスカウンタ

zoom RSS 湖西市 豊田佐吉記念館 自動織機の発明

<<   作成日時 : 2007/05/29 07:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

湖西市は 重たい空の下 小雨が降りしきる
雨に 曇る浜名湖を左に見ながら南下する
ナビに従い 走ること15分
畑が目の前に 広がり 静かな田園地帯へ
その中に ひっそりと たたずむ
立派な 古い 手入れの行き届いた民家風の建物に行き着く
画像

あまり 人が訪れない ひっそりとした記念館かもしれない
入館料は無料 さすが 天下のトヨタ記念館
と感心しながら 豊田佐吉 の銅像を見て館内に
まだ 誰も訪れる人もなく ひっそりとしている

館内には 見たことのある というより
うちにある 織機より もっとしっかりした織機が展示してある
ここは 確かに 明治時代の館 なのに
私たちは いまだに 明治時代と同じ仕事をしている
画像

豊田佐吉は 大工の子として生まれ
母親が 休む暇なく 機織りをしているのを見て
少しでも 楽に機織りが織れるようにと 木製人力織機を 発明した

館内には ビデオが 設置してあって
豊田佐吉の 歴史が 流れている
そこで 1時間くらい ゆっくり 研修する
画像


 障子を 開けてみよ 外は広いぞ
の言葉が出てくる 
この言葉は 自分たちのことばかりでなく
広い世界に 目を向ける 大切さ  を伝えている
今は 世界の トヨタ への原点が ここにある
そして 何より 豊田佐吉は 世の中の役に立つことばかり
夢見て 一生を発明につくした 

自動車産業の トップを走りつずけている
世界の トヨタの原点は 手織り織機から始まったのだと
画像

そして 母親を 人々を豊かにしたい というから・・・
感慨深いものが ありました
しかし 私たちは 明治時代と 変わらない


記念館には 広々として 散策もでき
織物体験もできる 展望台もあり
ゆっくりと 時間を過ごすことができます
そして しみじみ 考えさせられた 貴重な時間でした
織物を志す人は 1度訪れて見ていい場所だと思います

草木染め 織物に関心のある方は こちらへ どうぞ
 
追伸

明治は遠くなりにけり
といわれるけれど
私たちの仕事は あの頃とたいして
変わらないのではないか
手仕事とは そういうものかもしれないと
つくづく 実感する

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
湖西市 豊田佐吉記念館 自動織機の発明 染織作家助左衛門のページ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる